私が入門の頃にした韓国語の勉強方法


さあ、これから韓国語の勉強を始めるぞ!と思った方、こんなことをことを思いませんでしたか?


何から勉強すればいいの?


私は思いました。

ちょっとしたフレーズを知りたいくらいなら今時スマホで調べれば解決します。

そうではなくて、ハングルから基礎を経て日常会話もできるようになりたいと思った時に何をすればいいのか?


今回は、入門の頃を思い出して、どんな勉強をしていたかご紹介したいと思います。

私の思う入門レベル

まずは、私が思う「入門」レベルについて考えてみました。

こんな感じでしょうか?

私が思う入門レベル

  • これから韓国語を始めようと思っている人
  • ハングルを書いてみたい人
  • 好きな芸能人のSNSを理解したいと思い始めた人
  • 片言フレーズを3つくらい知ってる人
  • ちょっとでも韓国語が気になっている人


入門レベルの定義はとても簡単ですよね。
そして1番ワクワクしている時期でもあります。

そう、モチベーションが高いんです!
なので、ちょっとでも興味があれば、始めてみるのが良いと思います!


시작이 반이다 !


韓国語を始める時によく聞くフレーズですね。
直訳すると「始まりが半分だ」です。


始めちゃえば半分終わったようなもの!

入門レベルは始めちゃった方が楽しいですよ!



どんな勉強をしていたか

基本的にまったりと入門の勉強をしていた私のやり方は2つ。

入門なのでそこまで複雑なことはしていません。


入門レベルの勉強方法

  • NHKテレビのハングル講座で基礎を勉強
  • K-POPでハングルの発音を覚える



NHKテレビのハングル講座で基礎を勉強

韓国語を始めることにした私ですが、何からやり始めたかですよね!

私は最初は続くかどうか分からなかったので、お手軽なものから始めました。


そう、それはNHKのEテレ!



NHKを選んだ理由はいくつかあります。

市販のテキストでもなく、ラジオ講座でもなく、なぜテレビの方だったのか。


NHKテレビのハングル講座を選んだ理由

  • テレビでお手軽に見られる
  • 録画ができるので何度も見られる
  • 映像なので発音する時の口の形が確認できる
  • 3月に始めようと思ったので、本屋さんで4月開講のテキストがアピールされていた
  • 英語を勉強している人がNHKが良かったという話をしているのをよく聞いた
  • 飽きても途中で気軽に辞められる


こういう理由でした。

入門の時ってテキスト選びも難しくないですか?

ある程度のレベルになれば自分に合う合わないも分かってきますが、入門でそれは無理ですよね。


そんなわけでNHKのテレビ講座の方を選びました!



これはお手軽ですよ!
毎週テレビを見れば先生が教えてくれるわけですから!

ちなみに私が見ていた時の先生は小倉紀蔵先生でした。

この方→小倉紀蔵 – Wikipedia

NHKのテレビで韓国語を学ぼうと思った私は、とりあえずテレビをまったり見ることから始めました。



実は半年間はテキストも買わずテレビをぬるっと見てるだけでした!


最初は録画もしてなかったです。
「とりあえず見てみようか」くらいの軽い気持ちでした。


この頃、ちょうど女優の笛木優子さんが韓国の大学の語学堂に通われていたんです。
その様子も放送されていました。

そうこうしているといつの間にか半年も見続けていました。
そうすると簡単な挨拶と少しのハングルを覚えている状態になりました。

そこでテキストも買うようになり、テレビを見た後にちょっと復習するようにもなりました。


そして2年目のハングル講座で真剣に韓国語始めると決めました!



1年目にざっくりと見ているので、2年目はほんのり知っている状態で始められたのは良かったです。

本格的に始めるということで、最後までラジオと迷いましたが、初心者はやっぱり映像があった方がいいなと思います。

ハングルを見せながら発音の説明をしれくれるので、目と耳両方で確認できるのからです。

これは大きい。

今だとYouTubeとかでも韓国語を配信されている方もいますよね。
それを見るのも1つの手段だと思います。

でもやっぱりNHKの方がテキストと連動しているし、先生も専門家なので私はNHKをオススメします。

K-POPでハングルの発音を覚える

ハングルの中に、「濃音」「激音」ってありますよね?

これって最初の壁だと思うんですよ。


「カ」も「タ」も「パ」も「チャ」も3つずつあるの!?


っていうね。
もちろん最初は全部同じ音に聞こえましたよね。

ひたすらテッシュを口の前に当てて練習するにはしたんですが、まぁうまくいかない!


そもそも聞いても違いすら分からない!


そこで私はK-POPを使ってハングルを覚えてみようと試しました!

当時よく聞いていたK-POPが東方神起のファーストアルバムです。
友達からお土産でもらったものです。


これです。めっちゃ懐かしい!



これについている歌詞カードを見ながらひたすら歌って練習しました。

体に覚え込ませるのです。

このK-POPでの具体的なハングルの覚え方は近いうちに記事にできたらいいなと思っているので、お楽しみに。

具体的な方法を記事にしました!
参考になれば嬉しいです!

オススメの韓国語入門テキスト

ここで私のオススメの入門テキストをご紹介しようかなと思います。

入門のテキストを選ぶ時に重要なことはこの3つかと。

私の思う入門テキストの選び方

  • ページ数が少なく薄い
  • 絵が多い
  • 余白が多い
  • 音声や動画が付いている
  • 真面目すぎない



実は友達に入門韓国語を教えていたことがあるんですが、その時に使っていたテキストがこちらです。



これの良い点は、とにかく薄いこと!


個人的に、入門っていかに挫折しないかが重要だと思うんですよ。

その点これは薄いので最後まで進められるんです。

理解できるかどうかじゃなくて、最後までできるかどうかです。

私がこれを使ったのは教える時だったので、独学とはちょっと視点がズレることを前提での話になります。

このテキストは文字も大きいし、1つの単元が少ないので、嫌になる前に終了できるんです。

本当に基礎の基礎だし、こんなに薄いのにとても丁寧に解説されています。

そして薄いから安いです。
さらにどこの本屋さんにもあります。

お手軽に手に入って最後までやり遂げられるんです!


ちょっと「やってみようかな?」という時に始めやすいんです。

そんなわけで、今から韓国語を始めようという方にはピッタリな気がします。


もうちょっと本気でやれるという方は、このテキストも良いと思います。

私自身の独学ではなく、友達に教えるってなった時に本屋さんでこっちと迷いました。



こっちは結構しっかりとしたテキストで分厚いので、本気の人でないと挫折すると思います。

シリーズになっているので、このまま上を目指す方も次のテキスト選びに迷わないのも良いかと思います。


結局は自分に合ってるテキストを終わりまでやるということが重要です。


私は入門から初級は全てNHKのテキストで始めました!



その他、良さそうな入門のテキストを探してみました!

入門の勉強方法まとめ

ちょっと長くなりましたが、私の入門の頃の勉強方法はこんな感じです。

入門の頃の勉強って、これから続けられるかどうかを判断する結構重要なターニングポイントだと思っています。

ちょっとかじるだけで終わるのか、そのまま続けるのか。

そこがどうなるかによって今後の韓国語ライフがどうなるかの分かれ道な気がします。


続けるために1番重要なのは、楽しむことです!



こうして楽しく入門の勉強を続けられた私は、初級の勉強へと進んでいくことになります。

次回は「私が初級の頃にした韓国語の勉強方法」について書きたいと思います。