私が独学以外にした韓国語の勉強方法(3)

基本的に韓国語は独学の私ですが、人に教えてもらったこともあります。
今回は3つ目。

韓国への短期語学留学です!

レベルは完全に中級でした。
ちゃんと自信を持って中級でした。

韓国に短期語学留学をする

実は韓国への短期語学留学は2回しています。
しかも働きながら行きました。

1回目は1週間、2回目は3週間です。
働きながら有給消化で行ったのでこれくらいの期間が限界かと思います。

むしろ3週間も行かせてくれたことが奇跡!



通ったのは、大学付属の語学堂という韓国語を学ぶための施設です。
ちなみに慶熙大学に1週間、梨花女子大学に3週間行きました。

今回は主に3週間の時の記憶を元にしています。


韓国に短期語学留学しようと思った理由

韓国に短期語学留学しようと思った理由

  • 韓国語で韓国語を習いたかった
  • 韓国語だけで生活してみたかった
  • ただの旅行だけではもったいないと思った
  • 30代で学生がしてみたかった
  • 自分の実力が知りたかった
  • 夏休みと開講期間がちょうど都合にあった


第1目的はバカンスです!
大人の遊び方ということです。


いつもの旅行だったら意外と韓国語を使う機会があんまりないんですよね。
旅行会話なんてワンパターンだからトラブルでも起きない限り特に苦労もなく過ごせます。

そこで旅行だけではない体験型のバカンスをしたいなと思っていた所でした。

だったら語学留学してしまおう!


そんな風に思ったわけです。
そこから行動は早かったです!


韓国に短期語学留学して良かった点

韓国に短期語学留学して良かった点

  • 自分で全て手続きすることで韓国語を使うことへの自信がついた
  • 韓国語で習ったほうが分かりやすいことが分かった
  • 韓国語を話すことに口が慣れた
  • 韓国語を話す時に日本語で思考しなくなった
  • ゲストハウスの幼稚園児に懐かれて会話練習ができた
  • 共通言語が韓国語の友達ができ、込み入った話も韓国語でするようになった
  • 学生生活というバカンスを楽しめた


良かったことはこんなところでしょうか?

手続きから韓国語のやりとりしたので、とても勉強になりました。

そもそもネットでの入学申請が英語と韓国語しかなかったので、必然的に韓国語を使うしかなかったわけですが。
外国からのアクセスだからか英語で表記されてしまい頑張ったんですが、英語能力がポンコツすぎてすぐに韓国語にしました。


実際の留学生活では本当に韓国語を話す能力がついたと思います。


特に私は日本人以外と一緒にいる機会が多く、韓国語を使わざるを得ない状況になったのが良かったのかなと思います。

私個人の考えなのですが、言語はツールなので効率的に使おうと思ったら日本人同士なら日本語を使った方が意思疎通において効率的ですからね!

その点ではゲストハウスにいた幼稚園児に懐かれたのも良かったです。
そのゲストハウスは民家2棟の1棟がゲストハウスになっていて、幼稚園児の男の子と小学生の女の子が出入りしていたのです。

さすがに子どもなので韓国語しか通じません。
しかも子どもは空気感では通じません。


それが毎日続くと本当に韓国語の練習になりました。



そうこうして受講期間が終わる頃には韓国語で話すことにも慣れ、難しすぎない会話では日本語が脳内に介入しなくなりました。


韓国に短期語学留学して悪かった点

韓国に短期語学留学して悪かった点

  • 思ったより能力は上がらなかった
  • レベル分けクラスが中級2までしかなくてクラスメートに能力差が少しあった
  • 交換留学の大学生と大人とのモチベーションにギャップがあった
  • テキストが割と簡単だった
  • 先生に当たり外れが合った
  • 先生がネイティブなので細かな疑問が分かってもらえなかった
  • 胃痛と発熱で苦しんだ


逆に悪いところはこんな感じでした。

正規ではなく夏休みの短期クラスらから、中級以上のクラスが用意されておらず中級2以上の人は全員同じクラスでした。

だからかテキストはわりと簡単でした。
確か中級2だったと思います。

そしてクラスメートにはちょっとだけ能力差があって大変そうな人もいました。
かといって下のクラスでは簡単すぎるとのことでした。

先生が2人交代で授業をしてくれたのですが、先生によってはニュアンスを説明するのが苦手なようで、やっぱり先生にも力量があるんだなと思いました。

そして慣れない生活のせいなのか、辛いものを食べすぎたのか、終盤に胃痛と発熱で終了テスト受けられないかもしれない危機でした。


バカンスとはいえ暴飲暴食と無理はしないようにしないとと反省しました。


韓国に短期語学留学した感想

結果的には、たった3週間でも行って良かったと思います!

正直、知識としての向上はありませんでした。


ただ、「知ってる知識を使う」能力が向上したように思います。



元々、間違えても恥ずかしいとあまり思わずどんどん話しかけるタイプではあります。
でも趣味でまったり韓国語を勉強しているだけではアウトプット量は足りていません。

そのアウトプット量が増えたことで韓国語を話すことに慣れたのです。

期間は関係ないと思います。
1週間だけの時も同じことを思ったからです。

ただし、短期間の場合は中級くらいのレベルになってから行った方が身になると感じました。


そして最後に言いたいことはこれです!

留学エージェントは全く必要ない!


中級レベルで行く場合はすべて自分で手続きできます。
書類を揃えるのが面倒なだけです。

大学の語学堂は時期が決まっていますが、専門学校だと時期もフレキシブルに対応してくれるみたいです。

社会人でも夏休みと有給をうまく使えば語学留学は可能なので、ぜひバカンスついでに行ってみてはいかがでしょう?