オリラジ中田さんのYouTube大学「最強の英語独学」がすごくタメになった!


英語を話せるようになりたい!



いくつになってもそう思います。
いくつになっても思うってこと全然実現できていないということですよね。

そんな時、タイムリーにオリエンタルラジオの中田あっちゃんのYouTube大学を見ました。

そのテーマが「最強の英語独学」

この独学方法がすごかったんです!
英語に限らず韓国語や他の言語でも使えます!

あっちゃんのYouTube大学は1番最後に埋め込んでおくので、先に見たい方はそちらへ移動して下さい。

ちなみにあっちゃんのYouTubeは、本の情報を分かりやすく要約してくれるスタンスなので、この「最強の英語独学」にも元ネタとなった本があります。

それがこちら。
新井リオさんという方が書かれた「英語日記BOY 海外で夢を叶える英語勉強法」という本です。

従来の勉強法では話せない

そもそも、これまでの英語の勉強方法では英語を話せるようにはならないんですって。

テキストを読んで、書いて、読んで、書いて。
それで「聞けない!話せない!」ってなっても、「だって聞いてないじゃん!話してないじゃん!」とのことです。


本当だ!!薄々気付いてたけど、本当にそうだ!



そして英語の悩みといえば「瞬時にフレーズが組み立てられない」ということ。
で、「単語の羅列になってしまう」と。

「英語ができる」は人によって違う

これも「確かに!」と思った内容でした。

みんな「瞬時にフレーズを組み立ててオリジナルフレーズを話したい」は共通意識だけど、話したい内容は人によって違うと。

ビジネスで使いたい人、友達と話すように話したい人、旅行会話で困らないように話したい人もいますもんね。
みんながみんなTEDでみたいに話したいわけではないでしょう?ということでした。

オリジナルフレーズを瞬時に組み立てられるようにいなりたい!


これはみんな同じです。

テキストの内容は自分のことでないから、使う時にはそれを自分用に単語を入れ替えて使わないといけない。

そこで、どうすればオリジナルフレーズを瞬時に言えるようになるか?という展開になります。

紹介されていた英語の独学方法はざっくり3つ

定番の方法なのに、やり方が「なるほど!」のオンパレードでした。

その3つは、ざっくり分類すると、英語日記、オンライン英会話、スマホとSNSでした。

紹介されていた「英語日記BOY」著者の新井リオさんがその3つの独学方法を見つけた流れも紹介されていました。

  1. テキストで勉強しても英語が話せない。
  2. そもそも自分の言いたいことじゃない。
  3. 言いたいことに合わせて単語を入れ替えていたら瞬時に会話できない。
  4. じゃあオリジナルフレーズが必要だ。
  5. そうだ、英語日記を買こう。
  6. それをオンライン英会話で添削してもらう。
  7. さらにスマホを活用する。


語学を勉強する過程で日記っていうのは思い付くけど、それを始める過程とその活用方法が違っていたようです。

オリジナルフレーズ!!


定番の英語日記

オリジナルフレーズといえば、英語日記!だそうです。

この方法は語学学習をする中で、みなさんが通る道な気がします。

私も初級くらいの頃に韓国語日記をつけていました。
確かに身についた感じはありました。

ただ!やり方が違っていたんです!

自分の能力の範囲で日記を書いてはいけない!


最も間違っていたことはこれです。

いきなり英語で書くと自分の知識の範囲内の内容になります。

そん名風に書ける能力の範囲で書くと、日記が簡素になってしまうとのことでした。

確かに!!

あっちゃんのお話では、「マリオパーティーって3歳の子どももできるからすごい」ってことを1番伝えたいはずなのに、能力の範囲で書くと「マリオパーティーをした。楽しかった」になってしまうと。

そうならない為にも英語日記を書く時は順序があるそうです。

  1. まず自然な日本語で書きたいことを書く。
  2. 日本語で書くと長文になるから、それを要約する。
  3. 1番言いたい1文を英文に訳す。
  4. それを何度も口に出す


この流れで英語日記を書くことで、「言えなくて悔しい」が生まれるそうです。
それに立ち向かうことが重要だということです。

英語で会話した時に「こういう風に言いたかったのに言えなかった」という悔しい気持ちありますよね?
それをオンライン英会話の前に先取りするんだそうです。

お手軽になったオンライン英会話

オリジナルフレーズで英語日記を書いたら、それを添削してもらう為にオンライン英会話を使うそうです。

オンライン英会話ってお手軽になったイメージありますよね。

安いのにマンツーマン!


これが1番のメリットです。

著者の新井リオさんは、カナダに留学していた時も語学学校に通うのではなくオンライン英会話を1日2回されていたそうです。

このオンライン英会話の時に、英語日記で作ったオリジナルフレーズの添削をしてもらんだそうです。
そうすると自然な英文にしてもらえるし、発音練習もできるということです。

日常会話ができるようになりたいからとフリートークにするよりこの方法の方が自分が使えるフレーズが増えるそうです。

私もオンライン英会話に興味はあるんですが、2つの理由で躊躇しています。

1つ目は、部屋片付けないといけない。
2つ目は、ノーメイクはいいにしても部屋着でボサボサ頭を整えないといけない。

これが面倒くさくて……(苦笑)


でもオンライン英会話にはかなり興味があるので、いつかやってみたいです!



ちなみに私は、短期留学経験者として学校に通ったからこその経験もある知っています。
語学を習得するだけが語学留学ではないので、通える状況なら通うのもいいんじゃないかな?とも思います。

身近にあるスマホでSNS

そして、やっぱりこれは活用しない手はないですよね!
どんどん便利な世の中になっています。

スマホがあれば何でもできる時代ですもんね。

まずはスマホの言語設定を英語に変えるんだそうです。



そうすると、アプリの名前も設定画面もお知らせも全部英語なわけです。

そう、音声入力も英語でやらないといけません。

これ韓国語設定でやったことあるんですが、音声入力はなかなか手強いですよ。
ちゃんとした発音とイントネーションで言わないと正しく感知してくれません。

だからこそ発音練習になるんですよね。

何かしらの言語を学んでいる人は、ここまではやってると思います。

ここからが本当にスマホを活用しててすごいなと思いました。

  • 1人だけのLINEグループを作って、日常で「何て言うんだろう?」と気になったことをそこにメモする。
  • それを英語日記でオリジナルフレーズ化し、スマホに入力した上で音声読み上げ機能で読み上げてもらう。


そこまではやってなかった!
メモはしてる人いるかもしれないけど、音声読み上げ機能は気づかなかった!

これだとオンライン英会話で発音してもらうまでもなく正しい発音が分かりますもんね!

この独学方法は韓国語にも使える!

これらの英語の独学方法って韓国語にも使えますよね!!

私がこれまでやったことあるのは、シャドーイグ、日記くらいでしょうか?

でもやり方が全然違うので、この方法でやってみたいなと思いました!

スマホの言語設定は、一つの言語しか指定できないので、英語か韓国語か迷うところです。

でも英語の方がポンコツなので、今日から英語設定にしようと思います!!
やり方をまたブログに書きますね!

さらに日記も書いていこうかなと思います。
で、SNSかこのブログにアップすれば、モチベーションにもなるかな?

オリラジ中田あっちゃんのYouTube大学「最強の英語独学」

教育系YouTubeってすごいですよね。

この動画を見ただけで語学をやろう!というモチベーションがすごい!

みなさんもぜひ見てみて下さい!



元になった本はこちら。
私も読んでみたい!!