ギョウジャニンニクの缶詰とサムギョプサル

神戸にある韓国スーパー「ソウルマート」でとある缶詰を買いました。

これです!
「우리엄마 명이절임」という缶詰。

「お母さんのギョウジャニンニク漬け」といったところでしょうか?

中身はこんな風に葉っぱが入っています。
ちなみに醤油漬けです。


ちょっと酸っぱさもあるので醤油以外にも何か入ってそうです。
レモン汁かな?
お酢の酸っぱ味ではないような?

ギョウジャニンニクとは?

「명이」とは日本名で「ギョウジャニンニク」のことです。

「ギョウジャ」は漢字で「行者」と書くそうで、地域によっては高地にしか自生しないようで、行者さんが食べるニンニクということからこう呼ばれるようみたいです。

韓国では「산마늘」とも言われるみたいですね。
日本でも「山ニンニク」と呼ばれることもあるとのこと。
「山ニンニク」の方が味が想像しやすいですね!

こんな風に生えてるみたいです。

収穫したら写真がこちら。
茎から獲るんですね。


私が買った缶詰は葉っぱメインで、茎は細い物がついてました。

初めてギョウジャニンニクを食べたのはソウル

私がギョウジャニンニクの存在を初めて知ったのはコロナ禍前に行ったソウル旅行です。

モクサルが食べたくて、友達と行った「육전식당」というお店。
江南駅近くの4号店に行きました!



これがその時食べたモクサルです。
分厚いお肉おいしそうでしょ?

そしてこのお肉と合わせてた食べのがギョウジャニンニクでした!
ちょっと見切れていますが、矢印の葉っぱです。

これも一緒にサンチュに包んで食べると、さっぱりとしてとてもお肉が美味しいです!!

適当サムギョプサル

とりあえず豚肉焼いとけばいいでしょう、ってことでトンカツ用の分厚い豚肉を買ってフライパンで焼きました。

そして、エゴマの葉とレタス、白ネギを用意。

サムジャンもなかったので、家であるもので作りました。
私の適当サムジャンのレシピです。

・韓国味噌(韓国スプーン2杯)
・コチュジャン(韓国スプーン1杯)
・ごま油(韓国スプーン1杯)
・料理酒(韓国スプーン1杯)
・砂糖(韓国スプーン1/2杯)
・ニンニクすりおろしチューブ(3センチくらい)
・白ネギ(5センチ分をみじん切り)

当然、買った方が美味しいです(笑)
でもまさか切らしているとは思わず、緊急措置で自作しました。

こんな感じでギョウジャニンニクの缶詰も一緒に包みます。

ソウルで食べたモクサルにはもちろん全然及びませんが、韓国に行けない今、集団での会食ができない今、おうちサムギョプサルでも大満足でした。

ギョウジャニンニクが入ることで、さっぱりとした味になります!
私は入ってる方が好きですね!

日本のサムギョプサル屋さんにもギョウジャニンニクはあるんでしょうか?
このコロナ禍が落ち着き、心置きなく外食できるようになったら、とりあえず日本でサムギョプサル食べたいです!

サムギョプサルはみんなで同じプレートから食べるので、いつになるか分かりませんが……。


私はこのギョウジャニンニクの缶詰を実店舗で買いましたが、ネットでも売っているみたいです!
ご興味のある方はお試しあれ!

日本のものもありましたが、どんな味なんでしょうね?

created by Rinker
行者にんにく・山菜(三升漬)・黒にんにく
¥1,050 (2021/10/21 15:13:03時点 Amazon調べ-詳細)

そしてギョウジャニンニクそのままのものもありました!
どうやって食べるのでしょう?

タイトルとURLをコピーしました