この前挑戦した翻訳コンテストは落選していた

先日、突然挑戦した翻訳コンテストがあります。
その名も「第2回 新韓流文化コンテンツ翻訳コンテスト」です。

応募の詳細は以前の記事をご覧いただけると幸いです。

そんなコンテストに応募してたということをすっかり忘れていた私。

スケジュール帳に翻訳コンテストの結果が分かる日をメモしていたので、それを見て「そういえば!」と思い出しました。

コンテストの進行状況を確認

サイトに確認に行ったところ、本選のところに「進行中」のマークがありました。

コンテスト日程も本戦ところが「NOW」になってる!!
ということは完全に結果が出ているということですね!

募集概要を確認

あらためて募集概要を見てみます。
審査方式のところに選考について書いてあります。

内容は次のとおり。

・予選、本選、決選(3審):本選&決選の翻訳翻訳公募作は該当審の進出者に別にE-mail案内
・大賞など最優秀翻訳者Web公開予定

とのことなので、メールが来ていない時点で落選ですね!!
2回くらいF5押しましたけど、何度押してもメールは来てませんでした。

本選に進出した方たち

サイトには予選通過した方たちのリストが部門別に公開されていました。
私は映画部門に応募したので、映画部門を確認します。

めっちゃ少なくないですか!?
それぞれ10名ずつのようです。

応募が少ないのか、通過者を絞ったのかどっちなんでしょう?

それにしても10名に残る方たち、すごいですね!!

コンテストに参加した感想

応募してみた感想は、ただただ楽しかったです。

今回のコンテストは、予選から始まる3審形式だったので、予選分は翻訳分量も少なく、応募締め切りが近くても間に合いました。

思い立ってすぐにできる気軽さも良かったです。
これくらい気軽にできるならまたやってみたいなと思いました。

皆さんも機会があればぜひ挑戦してみてください!

タイトルとURLをコピーしました