久しぶりに本屋さんに行ったら日本語版の「実用韓国語文法」が出てた

久しぶりに本屋さんの韓国語コーナーに行きました。
最近はいろんなテキストがあるんですね。

やっぱり今でも初級の本が充実していましたが、中級や上級の本も数冊ありました。
それだけ韓国語を継続して勉強している人が増えたということですね。

私も見習わねば。
コツコツ継続することを。


さて、その中で気になるテキストを見つけましてね。
「実用韓国語文法」というテキストです。

「実用韓国語文法」とは

韓国で販売されている有名な文法テキストです。
日本語版もあります。

初級、中級、上級とあります。
TOPIK6級を受けた時に中級と上級を買おうかと迷いましたが、買わず。

でも評判が良いので、気になっているテキストでした。

「実用韓国語文法」日本語版

その実用韓国語文法の日本語版が出ていたんです。

どうやら2021年の夏頃に出ていた模様。

半年前!
いかに本屋さんで韓国語コーナーに立ち寄らなかったかというね。

上級テキストをパラっと見てみましたが、知ってるけど使えてるとは言えない文法がたくさん載っていました。

やっぱり使えてこそ覚えたと言えるので、かなり気になっています。

しかも紙質がかなり好みなんですよ。
テキストには書き込みたいタイプなので、紙質は大事です。

もちろん上級があるということは中級、初級もあります。

こちらも中身をパラっと確認しました。
おそらく必要ないとは思うのですが、こういう初級〜上級でシリーズになっていると全部欲しくなってしまうんですよね。

いつか復習するかも?とかいう理由をつけて。
まあしないんですけどね…。

持っている文法テキスト

しかも私、立派な文法書を持っています。
とても真面目なこちらの韓国語文法辞典です。

昔、韓国語インスタをやっていた時にフォロワーの方が譲ってくれたものです。
あの頃はまだ韓国語もちゃんと勉強してたし、めっちゃインスタで交流してたな。
懐かしい。

この文法書はめっちゃ真面目なので、これで勉強するというよりはまさに辞典として使っています。
何が便利って3冊に分冊されておらず1冊にまとまっているところですよね。

さすが辞典!

ただし、テキストではないので、詳細な説明や練習みたいなものはないです。


そしてもう1種類「重要韓国語文型100」というのも持っています。
これは例文が多いので、ニュアンスが掴みやすいし、話す練習になります。

これは前述したように全種類欲しくなって必要のない初級と中級も買ってしまいました。

でもちゃんと復習しましたよ!
1回だけですが。

買うのか買わないのか

文法テキストはまだ手元に持ってるものがあるけど、辞書か話すための簡単なものなので、体系的に学べる文法テキストは欲しいかったんですよね。

ただ、ここに来てテキストで文法を勉強するだろうか?
コツコツとガリ勉するのが苦手な私がですよ?

オノマトペの本もまだ全部読んでないのに…
まああれも辞書的に使おうと思ってはいますが。

でもやっぱり上級だけは欲しいな。
もうちょっと考えてみます。

タイトルとURLをコピーしました