ポジャギを始めた頃に作ったミニ針山をプレゼントした

ポジャギ

ポジャギを始めた頃は、まだまだ何を作ったらいいのか分からず、小物ばかり作っていました。
なぜなら本に載ってたから。

今はオリジナルの大きい作品作りに熱中しているので、小物は作っていません。
そんな初期の小物を欲しいと言ってくれる心優しい職場の方がいたので、プレゼントしました。

プレゼントしたのは、ミニ針山です。

なぜこんなにミニ針山を作ったのか。

ポジャギ用の針置き場が欲しかったからです。
私の使っているポジャギ用針は短いので、裁縫セットについていた針山では埋もれてしまうのです。

そこで小さめの針山を自分で作ろうと思い作りました。
サイズ感はこんな感じ。
4センチ四方くらいの大きさで、厚みもないので針が埋れません。

このミニ針山、自分にとっての利便性の高さと、1日で完成する達成感の得やすさで、大量に作りました。
でも自分が使う針山は1つなので、残りは袋に入れて放置していたんです。

その話を職場の方に話すと、ありがたくも「欲しい」と言ってくれたので、プレゼントすることになったのです。

すごく喜んでくれて私もとても嬉しいです。

ちなみにこの針山の作り方は、1冊だけ持っているポジャギの本に載っていました。
33ページに見本写真、94ページに図面が載っています。
私はミニサイズにしたかったので、半分の大きさで作りました。


大きな作品の合間に小物もまた作ろうかな?
気分転換になるし、すぐできるので達成感も得られるし。

ポジャギに興味のある方は小物作りから始めてみてはいかがでしょう?
楽しいですよ!

タイトルとURLをコピーしました