ポジャギを作る時に使っている方眼紙

ポジャギ

皆さん、ポジャギを作る時ってどうしてますか?
いきなり作り始めますか?
それともデザインしてから作り始めますか?

私はデザインしてから作るのが好きです。
理由は3つです。

・色のバランスを全体で捉えたい
・設計図通りに作る達成感を得たい
・生活用品ではなく芸術作品として作ってみたい

そもそものポジャギの成り立ちからは外れているかもしれませんが、そんな理由です。


そしてデザインする時に愛用しているのが、こちら。
A3サイズの5ミリ方眼紙です。
地元の大型文房具店で発見しました。
A4までじゃどこでも売っていますがA3はなかなか売っていないので、ネットで買う方がいいかもしれません。

ライフ株式会社さんの商品ページ→ライフセクションクリッパー

この方眼紙の気に入っているところは、方眼の線が薄めなところです。
線が邪魔にならないので、自分が描いたパーツが分かりやすいです。

私の愛用している物の他にも方眼紙がありました。
中身を見ていないので、方眼の線がどんな感じか分かれば使ってみたいですね。

created by Rinker
¥704 (2024/06/13 02:25:54時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥459 (2023/03/22 15:53:17時点 楽天市場調べ-詳細)

デザインした方眼紙を壁に貼ってポジャギを縫い合わせていきます。
大きい作品はできたパーツは蛍光ペンでチェックして、どこを作っているか把握していました。

ちなみにこのデザイン図は、A3を2枚つなげてA2サイズにしています。
実物大ではなく、1マスを2cmとしてデザインしています。

このデザインを元に作ったのがこちらの作品です。
全体像をお見せしたいところですが、途中経過の写真を。

私の最初の「作品」といえるポジャギです。
デザインした紙には、作り始めた日付と作り終えた日付をメモしています。
使った布の種類と色数もメモしています。

この方眼紙を使って次に作る大型作品をデザインしたいと思います!
布は発注したので、届くまでの間にデザインを完成させたいです。

タイトルとURLをコピーしました